09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓「ブログ、見ましたよ~」という事で、下のアイコンもポチしてくださると張り切って更新します!
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村


スポンサー広告

日本の借金936兆円

2011年12月25日
今日日本の国、地方の借金合わせて936兆円。
そんな記事がありました。


もう日本の借金は危険水域を超えてきています。
今はユーロ危機で目線はEUだが、多分そのあとは日本ではないかと言われてます。


この先何か起これば釣りなんて楽しむこともできなくなるかもしれません。


なぜ国の借金は減らないのか。
なぜ政府は借金を減らせないのか。


それは
増税すれば選挙で負けるから・・

単純ですね。。


目先の事しか考えない国会議員が出来たのは
目先のことしか考えない国民がそうさせているんですよね。
もっともっと子供たちのためにも先のことを考えなきゃ。


もうこのレベルの借金になったら普通のことしていて返せる借金じゃなくなってきているわけで。。。

たとえば消費税30%。低所得者には40%、高所得者なら70%程度の所得税。法人税も税率を上げて50%まで引き上げます。
このレベルでやっと借金を返済していくくらいの財務体質になる。

しかしこのような政策を打ち出したら選挙で勝てるか!?

勝てない。。


もしも税金が増える位なら、日本の借金が増えたほうがよいと考えている国民の方が圧倒的に多いのが現状。
そんなんでいいのか。。_?


今現在は金利が非常に低いが、日本国際の90%を持つ日本国民があれ?と日本国債大丈夫か?
と何かがきっかけで信用が失われるようなことが起こると(ギリシャみたいになると)国債は
売れなくなり国債の金利が一気に上がり日本はさらに借金の返済ができなり・・
円が紙くず同然になる。

破綻寸前で政府はおそらく預金封鎖いう対策をとり、何とか日本が財政破綻するのを防ぐでしょう。

預金封鎖の代償は個人の資産を大幅に減少させるも、国の借金はチャラにすることができます。

結局汗水たらして働いたお金は
①高い税金を早めに支払うか
②後々このような状態になって国にお金をかっさわれるか

のどちらかしかないのです。

なので、財務省はもうそのあたりを考えていると思います。先々のことを考えて。


税金を上げない状態が続けばいつか必ずこのような措置が取られます。

事実第二次世界大戦後に日本はそのような手法をとったのだから…


日本人はほとんどの人が円で資産を形成しています。
そろそろ円を外貨にかえていき分散投資を本格的にやっていく必要があるのかもしれません。


↓「ブログ、見ましたよ~」という事で、下のアイコンもポチしてくださると張り切って更新します!
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村


日常日記 | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
No title
独立行政法人など公務員系全般の賃金カットと
企業への補助金大幅カットでいいのではないでしょうか?
全て国民から税金では納得できません。
No title
そう!おっしゃるとおり。
天下りってなんだやねん!(怒
甘い汁すいやがって!
って感じですよね。全員がそうではないけど。。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。