05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓「ブログ、見ましたよ~」という事で、下のアイコンもポチしてくださると張り切って更新します!
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村


スポンサー広告

「職業」についての雑感

2011年11月08日
むかーし、
中学校の義務教育に職業について勉強する科目があったみたいです。

職業科は、昭和22年学習指導要領試案から昭和30年代の中学校学習指導要領にあった教科である。
中学校修了とともに就職する者が多かった時代に、簿記、珠算、工業、農業、水産の基礎、職業実習などといった実務に即した内容を中学校で学ぶ教科であった。



今の時代、「職業」についての勉強ってすごく必要だと思う。

正直自分も小、中学校とかでどんな「職業」があるのか沢山勉強できていたらたぶん今の仕事はしていない。

正直ある程度年齢を重ねるると家庭が出来ていたりするとやはりやり直すことは難しくなる。


お金のことももっと勉強で教えたらいいと思う。
年収300万円と1000万円ではこのくらいの生活レベルの差ができるよ。
300万円では家族5人いたらこんな生活だよ。

消防士はこういうことをする仕事です。
保育士はこうです。
サッカー選手は成功すればこうだけどそうでなければこうだよ。
とか。

全てがお金ではないが、今の現実のタイムラインからいかに未来の自分のタイムラインに乗せることができるかの想像力は今の日本人の子供たちにはないと思う。
正直自分もそうだった。

その点、私の親父の会社で働いていた中国人はすごかった。
将来こうしてこうなる!みたいなビジョンを全員が持っている。
それは幼いときからの貧困がそうさせているのかもしれない。

義務教育では出来ないのかもしれないがお金の話をどぎついくらいしてもよいと思う。


少なくとも私の子供への教育はお金についてかなりシビアに伝えていくつもり。
これから先の日本は大変だから。

これだけの借金がつみあがった日本はいつかものすごいハイパーインフレが襲う可能性もある。
そうなったら日本円を持っていても紙切れになるのだが、、、

これからの子供たちには「職業」という教科があってもよいと思う。


↓「ブログ、見ましたよ~」という事で、下のアイコンもポチしてくださると張り切って更新します!
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村


日常日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。