09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓「ブログ、見ましたよ~」という事で、下のアイコンもポチしてくださると張り切って更新します!
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村


スポンサー広告

隠岐の島遠征

2011年10月29日
0泊2日の旅

隠岐諸島へ遠征に行ってきました!


大きな地図で見る

当日は私 と 私の親父 と 親父の友達の3名の予定でしたが、都合があわず、私と親父の2名での釣行となりました。

朝早くに出発し、9時頃から釣りだして次の日の朝まで釣りをしちゃおうというスケジュールです。


出発は朝5時30分なので前日は早めの10時に布団にはいります。
しかし2時に目が覚め、その後は一睡も出来ず^^;
小学生の遠足の前日のような状態になっています、、


AM5:30
車で七類港を目指します。
途中のコンビニで食料を調達しようとしたところ、偏光グラスがないことに気がつきます。


あら?


さっき家を出るときは帽子の上に付けていたんだけど‥





うーん
記憶が定かじゃあない。



車を探しまくるも暗くてよく分かりません、、、

自宅に連絡するも
自宅にはないとのこと、マンションの下にも見に行ってもなし。




しかたない!

泣く泣く諦めました、、、、、、



いきなりついていません。。


明るくなるころ七類港に到着。

1.jpg

しかしこのフェリーには乗りません。
チャーター船で隠岐の島を目指します。


当日は先日までの時化のせいで、やや強い風とうねりが残っていました^^;

船は大揺れ。

1時間半の旅
30分ほどで船酔いしてきました。。

じっと我慢するも我慢の限界
1時間ほどで船室の外へ。

ビシャビシャになるもこっちの方がはるかに楽。


吐くほどではないもののいきなりグロッキー。。


2連続でついてません。。^^;



向かうは知夫村の磯
我慢しかありません。

その前に知夫村ってどんなところなのか。
知夫村HP

知夫村 島民情報
(平成23年10月1日現在)
総人口:624人
男性数:303人
女性数:321人
世帯数:338世帯
高齢化率:44.551%


絶壁の磯の上には牛が放牧してあったりと
のどかないいところです。




AM8:50
知夫の磯に到着。

狙いはクロアイ。
(島根県ではクロアイと呼ぶことが多いです。関西ではグレ、正式名称はメジナです)


2人ともフカセで挑みます。


そそくさと準備を済ませ、餌を撒きながら魚をよせます。

少し風がありますが、ふかせであまり支障が出ない程度の風。
水色は潮の状況はよさげな感じ^^

私の仕掛け
竿:がまかつ マスタリー競技1.5号5.15m
ハリス:サンライン トルネード松田スペシャル競技ブラックストリーム2.5号
ウキ:自作ウキ

親父の仕掛け
竿:ダイコー スーパーロイヤルサリュート2.0号5.3m
ハリス:サンライン トルネード松田スペシャル競技ブラックストリーム2.0号
ウキ:自作ウキ


5.jpg
6.jpg

準備完了!

釣り始めようとすると
横ではすでに親父がグレを連発。

なんと、いきなりの入れ食い状態^^




開始後15分ほどで親父は4枚のグレを釣り上げます。
サイズはすべて30cmオーバー!
その中には46cmのグレも。

8.jpg






私はというと、、






アイゴちゃんとおたわむれ☆☆☆
7.jpg






開始25分ほどで親父が68cmのマダイをget!

動画は撮影したが写真は撮り損ねた。。
どなたか動画UP方法ご存知の方教えてくだされ。


その後は入れ食い状態が続き、とても写真を撮る余裕などなしの状態に。
朝飯と昼飯を食べる余裕もなく釣りまくります。





PM3:00
入れ食いが一段落したのと風が強くなってきたため遅め休憩に。
朝飯と昼飯です。



しかし、3度めの災難が。。



カラスにパンを4つ全て食べあらされ、
もってきたパンは全滅。


しかし、
おにぎりや缶コーヒー、インスタントコーヒー、カップめん、ビールなどはセーフ。

予想外の出来事に夜に備えおにぎりとビールで1時間ほど休憩をとります。



その後夕まずめもつれ続け、磯には魚が散乱。

9.jpg

日が落ちてからは磯から1m~3mの付近で釣れる釣れる!
磯から1mのところで30cmのソイがかかりました。

10.jpg
B11.jpg


ソイやカサゴも釣れまくりこんな状態。

B12.jpg


PM9:00

真っ暗の海には緑のケミが光り、夜空には満天の星。
『キレイやな~』なんてぼ~と空をみていると


いきなり竿にガツン!と持っていかれそうな強い引き!

格闘するも意外とすんなり上がってきます。
しかし時よりガツン!ガツン!と竿をたたきます。

B13.jpg

私の本日最大の43cmの良型get!


その後は25cm~35cmのアジがポツポツ釣れます。






PM11:00
さすがに12時間以上も釣りをしていると足に来るので朝まずめに備え、飯休憩と仮眠を取ることに。

湯を沸かしカップめん(ワンタンメン)を食べようとしたところ、なんとこれがただの『ワンタン』。。。
ワンタンメンかと思っていたがワンタンスープだったという4度目の災難。。

とりあえずワンタンをすするがこれが絶品。
外の気温はおそらく12℃くらいで結構冷えてきているので暖かいものが一番うまい。

この頃には強かった風も落ちてきます。

とりあえず朝まずめにそなえハリスを二人とも3号に変更し備えます。
その後は寝袋を広げ仮眠。

30分後。
蚊に大量に攻撃され目が覚めます。
風が落ちたせいか周りには蚊が大量に飛んでおり我慢して寝ようとするもとてもねられません。。


AM1:20
しかたなく釣り再開。

さすがにこの時間ということのありポツポツとアジが釣れる程度。

眠い目をこすりながらでもこうするしかありません。




AM:3:00
静寂には蚊が飛ぶ音と波しぶきの音だけ聞こえます。
朝まずめまであと三時間。どうやって耐えるか。


そんなことを考えていたとき


急に親父が
『うわぁぁぁぁあああああ!!!』

『タイだ!』
親父が叫びながら竿を引っぱられこちらに向かってきます。


ギュルギュルと音をたてながらリールから道糸が出て行く音が聞こえます。

『昨日のマダイよりでかい!』と親父。

と、いうことは70cmオーバーのマダイということ。

「と、とんでもね~。。」




私は玉網を持って待ち構えます。

20分の格闘の末やっと浮いてきたマダイを玉網に救って引き寄せ磯に上げた瞬間!



ボキ!!!



網の枠が折れて無常にも網からマダイが再び海へ。。。。


直すと言っても時間がかかるし、、
何で取り上げたたよいのか
パニックに。


もうこの壊れた玉網で取ってやろうと、ブランブランで網として機能するか定かでないまま再びマダイを救い上げようと10分くらいの死闘。

ようやく壊れた玉網でものにしました。

B14.jpg

やりました!
74cmのマダイ


その後6時からの朝まずめでは約10匹のグレを追加。
昨日とは打って変わって餌取りが多いのとクーラーボックスに入らない程の大漁なので7時には納竿としました。

本日の釣果
真鯛:2匹(68cm、74cm)
グレ:約60匹(30cm~46cm)
真アジ:約20匹(25cm~35cm)
カサゴ、ソイ:6匹(20cm~30cm)
ウマズラハギ:1匹(30cm)
アイゴ:2匹 リリース (35~40cm)


70リットルと40リットルの2つのクーラーボックスとが満タン♪
B15.jpg
B16.jpg
※クリック拡大

総重量はおそらく80kgを超えるほどの大漁となりました。


いやーやっぱり隠岐はいいですね!
またいきたいです。




↓「ブログ、見ましたよ~」という事で、下のアイコンもポチしてくださると張り切って更新します!
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村


スポンサーサイト
釣行! | コメント(2) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。